プロジェクトマネジメントサービス

株式会社ケイ・エス・テクノロジーは会社単位、本部単位、部門単位、プロジェクト単位など導入単位に関わらず、すべてのPMO立上げ支援・PMO運営支援・プロジェクトマネジメント定着化支援(プロジェクトマネジメント能力成熟度向上)・PM/PL支援までプロジェクトマネジメントに関するあらゆる支援をご提供いたします。

ドラッカーのいう組織(企業)の社会的責任は以下です。

1.社会に貢献するからこそ、存在を許され、場所を占有し、人を雇用し指示することを許されている
2.組織にかかわりを持つ人たちが生き生きと生産的に働けるようにすこること
3.世の中に悪い影響を与えないこと

ここから弊社はPMOの責任を以下のように考えます。

1.組織(会社)に貢献するからこそ、存在を許され、場所を占有し、現場に指示することを許されている
2.現場(プロジェクトマネージャおよびプロジェクトメンバ)が生き生きと生産的に働けるようにすること
3.会社および現場に悪い影響を与えないこと

同じようにプロジェクトマネージャおよびプロジェクトメンバの責任を以下と考えます。

1.お客様に貢献(結果社会に貢献)するからこそ、利益を得ることができる
2.プロジェクトの成功によりお客様の生産性が向上すること
3.お客様および社会、会社に悪い影響を与えないこと

上記を念頭に以下のプロジェクトマネジメント支援サービスを行っています。
・プロジェクト マネジメント オフィス立上げ支援
・プロジェクト マネジメント オフィス運営支援
・プロジェクト マネジメント 定着化支援
・プロジェクト マネージャ・リーダー支援

コメントは受け付けていません。